遠州灘でもタネトン釣れるってよ。

☑︎遠州灘でもタネトン”釣れてる”ってよー

2021年一本目 マグロ族

2月になったらブリトップも落ち着くので

「ビンチョウの調査便いきましょう」

そんな会話を船長としてから2年ぐらい

釣れてなくはないが三重と比べると

圧倒的にやってる人が少ない。遠州灘

さすがに「ブリトップのムラが多い」

2月はもう人も集まりにくい。

そんな中船長から

前日「初めての出船&爆超早上がり」

連絡をもらい全く出る予定ではなかった日を

家族の予定を調整してもらい……

出船することにしました。(°_°)

「昨日は釣れたけど・・・」

的な結果になるか?

念のために船長

「クーラー100リッター船に積んでおきますか?」

というやり取りをすると

大概釣れないのですが・・・

今回は様子が違いました。

結論から言う

船中「ビンチョウたちとカツオ2本」

「クーラーもっと積んどけばよかった」

2人がマグロバック持って行ってたので

ギリギリ帰港できた感じです。

船中全員安打どころか1-2-3-4本キャッチ

ヒットジグは

  1. スパイV ディープライナー
  2. PJ.RIDE REALS

前半がPJ後半がスパイが強かったです

「こんなイージーでいいのか?」

終盤はだれかがあげたのを捌いてる間に

誰かが釣ってしまい、クーラー満杯で

みんな満足で“強制納竿”になりました。

(嘘:やれるならまだやってたw)

☑︎貴重な朝方で“とるべし”

朝一投目から「ビンチョウ」ヒットコール

真横で中トンがあがり、

回収中の横で

さらに横でトントンがあがり

「すごい海中でどんだけ群れてるん?」

赤金(アカキン)系統でのヒットが続きます。

朝から”ビンチョウ”絶好調です。

昨日の群れが安定に群れているようです。

ヒットゾーンのベイトは0-40mに”ウヨウヨ”

最初のヒットも40mで”ヒットコール”です。

自分は最初はスパイVの400gで落として

2回目からすぐPJ.Ride300gに変更



カラーは赤金がなかったので

「アルミフルシルバー」

50mまで落としてワンピッチで軽く巻き上げて45m

のところで

「どすん」

きましたヒットー

ちなみにボウズとビンチョウの

ロッド同じの使ってます。

正直”遠州灘”のビンチョウは

10kgサイズかな〜という

“舐めた”感覚だったので

2.5号で落としてみましたが……

  1. 巻き
  2. 巻き
  3. 巻き
  4. ズッドン
  5. ズーズー

ヒット早々から

  1. グイグイドラグを出される
  2. 首をフリフリしている
  3. ヒットからしたへしたへ走る

最初の3分ぐらいは主導権は

完全魚側にありました。

「ヤバそうだな」(心中)

最終“ファイトタイム”は

トータル約6分ぐらい。

3分過ぎたあたりから

顔を上にあげて“スイスイ”上がってきました。

最後は数回も回らずに大人しく

「無事ネットイン!!!」

モリウチ直前ロスト経験ありますか?

View Results

Loading ... Loading ...

全然10kgアベレージではない。

こんなの遠州灘でも釣れるんだ。

タネトン=20kg以上のビンチョウマグロ

やっぱり。いましたね。

しかも当日知っているだけで

三重の苦い思い出
  • 30kgクラス
  • 40kgクラス

キハダもあがっています。

2月からマグロが狙える。

「キハダまたはビンチョウ」

「釣りもの」が遠州灘での幅が

広がって嬉しい限り

漁師の方の“ひっぱり”も数隻いましたが

(遊漁はちなみにほぼなし)

プレッシャーなるものも

スレた感じもなく

素直に“ほどほど”にヒットしました。

フックのかかり所「よき」

ドラグは出るは3回ぐらい

ブルブル抵抗しましたが

かんぬきの裏側に見事フッキングしていたので

PJRIDE300g アルミフルシルバー

キャッチすることができました。

今年も2月早々に膝乗せできてよかったです

朝の9時ごろには

もう満杯警報が発令しています

116lでも尻尾は入らない。

朝方に釣るのがやっぱり理想ですね。

圧倒的に気が楽です。

ちなみにベイトはこのサイズのイワシでした

イワシかな?

10時30ぐらいからキハダ探しのクルージングで

途中間はありましたが、

「キハダはノールック」

14:00ぐらいからまたビンチョウに戻り

鳥山の休憩所付近でまたひと盛り上がりで帰港です

☑︎遠州灘と志摩沖の相違点は?

  1. 魚探のベイトについて
  2. ヒットレンジ5-60m
  3. ジグの軽さ180-400g
  4. 出船率の低さが難点
  5. タックルバランス
  6. 風の強さと弱い故のメリット
  7. キハダの出現率は?
  8. 大きさに関しては?
  9. 地形はよくわからん
  10. 鳥の休憩跡地も怪しいぞ

など描き始めたら長くなりそうなので

これはまた「後日記事」にしようかと思います。

☑︎改善点2.5号SFL今後やめておこうかな

今回のタックルバランス
  1. 2.5号
  2. SFL スーパーファイヤーライン
  3. 14号 リーダー

結果的にはタネトン取れましたが

そのあとラインクロスで

  1. 2回ジグロスト
  2. ラインもいとふけでまくり
  3. ファイト不安

って考えるとここは

PE3号望ましいと改めて思いました。

トンジギでPEいくつですか?

View Results

Loading ... Loading ...

特に遠州灘は浅いので

深場の高感度も不要なので

擦れに強くPEの方がビンチョウは

相性が良さそうです

ファイトシーンは下記Youtubeにて