☑︎”日本海”キャスティング遠征2days

☑︎”日本海”キャスティング遠征2days

色々”ダイヤモンド”マグロの噂が多い。

日本海”キャスティングにて行ってきました。

  • 福井
  • 石川
  • 新潟
  • 山形
  • 青森
  • 北海道

ずーっと、

”ダイヤモンド”マグロ関連の噂は多いのですが

いかんせん。表に出てくる情報が少ないので

まずは、自分で現地現物”と言うことで

見に行ってきました。

  1. 30kgリリース
  2. 漁獲高問題

去年ぐらいから話題もよく上がり

遊魚にも関係する話に

なってきましたね。

☑︎ルール。参考 クロマグロを対象とする遊漁者・遊漁船業者の皆様へ

【抜粋】

https://www.jfa.maff.go.jp/j/yugyo/y_kuromaguro/kyouryokuirai.html

水産庁では、クロマグロを対象

とする遊漁者・遊漁船業者にむけて、

令和3年6月1日から<2021年>からですね

1)遊漁によるクロマグロ小型魚(30kg未満)の採捕が禁止

(意図せず採捕した場合には直ちに海中に放流しなければならない)


2)クロマグロ大型魚(30kg以上)を

採捕した場合の、尾数、総重量、採捕した海域等を水産庁へ報告の義務化

官庁のHPに載ってますが

  •  (ア)氏名(法人にあっては、名称及び代表者の氏名)
  •   (イ)住所(法人にあっては、主たる事務所の所在地)
  • (ウ)電話番号
  • (エ)電子メールアドレス
  • (オ)陸揚げした日
  •   (カ)尾数
  • (キ)総重量(kg)
  • (ク)採捕した海
手巻きの人

来年どうなるか

指導に従わない等の悪質な違反者に対しては、

農林水産大臣が指示に従うよう命令(裏付け命令)をし、

その命令に従わなかった場合、

罰則(1年以下の懲役、50万円以下の罰金等)が

適用されます。(漁業法第191条)

☑︎まずは移動に11時間の長旅

まだ、向かう途中ですが

西側地平線に沈む夕日を見たのが

なんかすごい久々に感じます。

ベタなぎの日本海景色が綺麗ですね。

2-300kmは可愛いもんですが

600kmは流石に長いです。

☑︎4つクーラー氷満タンで向かいます。

途中の漁港で

イグルーに満杯にしていました、

車中保管

日中35度に上がるような日でしたが、

中の氷は

半分以上は生き残っていました。

イグルーの保冷力“なかなか”やりますね。

保険も兼ねて

クーラー4つ満杯で向かいました。

あとは釣るだけ。

☑︎前情報は”ノールック”先月がピーク、すでにピークアウト?

前情報では6月の梅雨の時期が絶好長

途中、氷屋さんの“釣り人”曰く

先月がすごかったけど

もう。すぎて北上しちゃったんじゃないかな。

  • 先月が50kg over
  • 先週がノールック
  • 前日が小型リリースサイズ
手巻きの人

まあ、とりあえず出れただけでも
よかった

ということで

直前まで

状況に一喜一憂しながら車で向かっていました。

☑︎事前準備のタックル

  1. 6号2本
  2. 8号一本
  3. 3号一本
M船長

推奨は”4号から6号”

ちょうど、メーカーに依頼していた

18000スプール間に合ったので8号も準備

70kg^_^の噂もあるので

手巻きの人

8号タックルも18000スプールなら300m弱で巻いときました。

前日の夕方に

とりあえず

ホテルまで到着しました。

なかなかの長旅です。

手巻きの人

いやー、遠かった。

スズキの夏の旬 日本海の魚すごい美味しいです

とりあえず

ご飯食べて、寝ます。

ちょっと入った居酒屋の

日本海のスズキのうまさに

衝撃を受けました。

やっぱり日本海の魚は“うまい”です

1日目“ダイヤ”探し

おはようございます

というとで

現地集合場所につきました。

最初の漁港は迷いますね。

なんとかついたがギリギリで

手巻きの人

迷いました。すみません

急いで荷物を乗せてとりあえず

出港です。

M船長

小さいナブラなら飛ばして
深いところで大きいので探しますね〜
昨日は初めての方がいたのでなかなか厳しかったですが、
今日も頑張ってください〜

漁港から40分ほど走ると・・・

たしかに

「バシュバシュ」

やっています。

手巻きの人

え?これ全部“ダイヤモンド”?

サイズは“よくわかりませんが

たしかに至るところで

サワサワやってます。

鳥もいます。

M船長

「投げたい人います?」

って言われたら太平洋出身のアングラーは

こんなの見せられたら「みんな投げたいです」

ってことで少しナブラ撃ちをすることに

手巻きの人

ナブラも鳥もいる。いい日ではないか

と思っていましたが

船長曰く

M船長

今日は渋めですねー

入る海が変われば

こんなにも価値観が変わるものか

まあまあナブラに会えたなと思うぐらいは

こちらだと“渋め”ということで

手巻きの人

いい日はどんだけすごいん。

全方位パラパラやっているので

とりあえずBC投げます

(キハダじゃないので自作ルール一時解除)

誘い出し

  • ポコ
  • ポコ
  • ポコ
  • バッシュ
手巻きの人

うわ、出った

ドラグチリチリリ

っなってすぐフックオフしました。

開始0.5hで早速ファーストバイト

ダイヤの魚体が見えたので

ダイヤ初ヒットです。

M船長

今日は投げる人も多いし上がるかもねー

全方向でそうな雰囲気は続きますが

少しナブラも鳥も落ち着き始めます。

途中の同じようなヒット+1Sフックオフが

並べて全員続きます。

というか船長のスタイルかもしれませんが

鳥がいなくても魚探の反応で

誘い出し8:ナブラ撃ち2って感じです。

近くにちょっと沸いても移動せずに

エンジンを切って沸くのを待ちます

数回囲まれますが

なかなかフックが決まるバイトが船中上がりません。

太平洋側(遠州灘)と比べて

  • ナブラ多い
  • 誘い出しへの反応も多い
  • パヤオはなし

ちなみに今回の地域の特徴的には

  • 基本カツオはいない。
  • キハダもいない
  • ヒラマサいる
  • アカムツいる
  • アラいる
  • タチウオ?どっちか忘れました

いろいろな、いつも海域との違いを

少しづつ補正しながら会話をしていると

☑︎残りあと1時間で陸上がり。

今日はまだ船中ヒットはしていません。

なかなか“イージーではないのはたしかです。

手巻きの人

今日は厳しそうかなー

って思って時計を見ていると

手巻きの人

うん?あれは、ナブラ

キャストでは届かないところで

いい感じにナブラが出ています。

向かいに一隻ありますが

手巻きの人

なんかこっちに来そうな予感

M船長

あれは来るぞくるぞー

って話をしていると

なんとか”ほんとに“ナブラが

船の周りに近づいてきます

エンジンは切れている

目下7mぐらいで

ダイヤがわちゃわちゃやっています。

手巻きの人

届くぞ届くぞーえい!

キャストして

7m先のナブラ、

3m先に着水BCポッパーを

  1. ワンアクションして
  2. ステイ
  3. バッシュ
手巻きの人

はい、出ましたー

今回はちゃんとフッキングしました。

さすがマグロです。

6号ドラグはジリジリと

ファーストランで出されていきます。

ただロッドの曲がり的には

手巻きの人

小さそう〜

巻き巻き

巻き巻き

サイズ感はこちらでどうぞ

M船長

リリースサイズだよね?

手巻きの人

はい(これ逃すのかーと)

心の声を大々的に漏らしながら

初のダイヤモンドはリリース

※とりあえず今年マグロ3種釣るの2種目は

これで達成です。

あとはメバチかキハダか

とりあえず初日はこれで終了

ホテルに戻り17時ご飯をたべ

18時には寝れるぐらい

誘い出しで投げ倒しました。

2日目”ダイヤ探し“

二日目は昨日釣れた海域まで最初から目指します。

ただ

  • 鳥なし
  • ナブラなし
  • 魚探反応は少し

ということで”スタート”から誘い出しスタートです。

昨日と比べると少しテンションが

なかなかあがりません。

広範囲を見ても全然”ナブラが見えない。

”アカムツ”の遊魚のポイントには

スパンカーをたてたジギングの遊魚船が数隻

浮かんでいます。

たまーに。ナブラが後が見えるのですが

なかなか大きなサイズに発展するまでの

大きさになりません。

なりません。

なりません。

って思っていたら

手巻きの人

うん?

M船長

あれ、スーパーナブラだ。
すぐ行くよー

ってことで向かうと

手巻きの人

ほんとにすっごいナブラ。
間違いなく、
昨日以上のナブラです。

ずーと、沸いてます。

しかもすぐ射程圏内に入って

いつものをあれば投げます。

ナブラ目指してフルキャスト

まあまあ、沈まない。スーパーなぶら

M船長

最近見てないいい。
ナブラだね

真ん中に落としてしゃくると
手巻きの人

『ヒット〜』

見えてきた魚体
手巻きの人

そうだよね。青いんだよね

ワラのスレがかり

”ダイヤモンド”だと思ったのに、

ただ、その後の船の下には

”マグロ”の魚体確認ができたので

青物・マグロのMIXナブラだったみたいです。

ただ、このかわいそうだけど、

”君”じゃない感がすごかったです。

この後も終始”沸くのですが”MX9S”で!

こんなの”投げたり”

  1. MX9S
  2. JM 5000S
  3. 透明ペンシル

をイワシボールについている

ナブラになげてみました。

最初は

  1. シイラか
  2. ”ダイヤモンド”のリリースサイズか

と思ったですが・・・・

JM 5000S MX9S
2回目のキャストで”ヒット
手巻きの人

白い魚体が暴れてるぞー

ちかくに来るまで気づきませんでした。

正体はこちら”日本海産”

正解:サゴシさん

最後の最後まで船長も

いろいろナブラを探してくれましたが。

この日は”ダイヤモンド”の発見には

至りませんでした。

ということで今回2daysの”結果は”

  • クロマグロ(リリースサイズ)
  • ワラサ(リリース)
  • サゴシ(リリース)

ということで納竿いたしました。

とりあえず、初日に一本”取れてよかったです。

・・・

これはまた来年の予約を

取らなくてはいけない”釣りもの”が増えました。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!