GWキハダ 出れた。見れた。釣れない 自作ペンシルでキハダが釣りたい件12話目

☑︎GWは全滅かと思ったが出れました。

4.29〜沖合は台風や風で壊滅的な状態でスタート。

それに伴い、釣り界隈のTwitterも荒れてましたね。

日頃の”行い”は自信はありませんが

「ここまで天気悪くなるか?」と思うほど

  1. 午前・午後だけ爆風
  2. 大陸棚付近まではいけない風
  3. 南からの波

上記が重なり合って

”2021GW”のキハダは今回は諦めモードでした。

毎回、船長とも

直前までに”読めません”ね

という”やりとり”ばっかりでした。

ただ、本日は奇跡的に

  1. 今回は”西側”は天気的には凪予報。
  2. 午後からは風が吹きそう
  3. 南西の追い風

ということで”短くなるかも”でしたが

GWの初の”出船”です。

いつもの”船長が”無線”でやりとりをしながら

複数の船で海域の様子を見ながら

”キハダを”探していきます。時には、

東へ西へ、ガソリン200-300kg燃やして、

魚を探しています。

ということで、

”本日”はいくつもの条件が”重なって

”出船する”ことができました。

☑︎結果”2ナブラノーヒット”

出港して、3hのクルージングののち、

  1. 鳥山なし
  2. 魚探のみ
  3. 潮目

上記でのポイントで、

”疾走するプレジャー”情報あり

その後、1分後に

ナブラのちの誘い出しにて

「バッシュ」っと出たよ

と無線で情報があったので

会場へ”フルスロットル”で向かいました。

魚探の雰囲気は”ムンム”です。

鳥は相変わらず。

不在です。

☑︎最初のチャンスは?

すでに、鳥山はなく、落ち着いていましたが、

その後に、いい距離感ところに

”ヒッサゲ”ナブラが出現

いい感じの距離感で、キャストできましたが、

”ノーヒット”。

ナブラは沈んでしまいましたが、

船長が、「キハダジギングタックル持ってる?」

僕「ありますよ」

船長曰く、魚探の反応が、すごいということで、

”一人だけ”ジギングで落とすことに、

  1. シャク
  2. シャク
  3. シャク
  4. シャク
  5. ざわざわ
  6. シャク
  7. シャク
  8. ざわざわ

後ろで、またナブラが出現

(そっちか、ざわざわは)

急いで、50mのジギングを回収して早速ナブラへ向かいます。

15-20mの近距離で、沸いている

「全く、鳥はいない、ヒッサゲナブラ」でした。

船が止まって

全員いいポイントにルアーを打ち込めたのですが

残念ながら、6人でヒットはなし。

ここまでが本日の”ハイライト”ですね。

☑︎ヒットするナブラとヒットしないナブラの違い

  1. 30〜40kgクラスのナブラ
  2. 20kg以下クラスのナブラ
  3. カツオやシイラナブラ

今日、見受けられたのは

2の特に、

10kg前後のナブラだった思います。

体を全身出して、ナブってましたね。

投げていた、私の200mmサイズには反応せず。

チャンスが、数度もあれば、このナブラの下にいると思われる 

”大きい”サイズを狙ってこのまま200mmサイズのルアーを投げ続けるのか?

サイズを落として、シンキングに変えて狙うのか?

瞬時に”タックル”選択をするってなかなか難しいですね。

☑︎自作マグロ”ダイペン”テスト

ステラ14000 XG 6号 

最近”ジギング”ばっかりで

自作ペンシル、”15kt200”のスイムテスト

よく考えたら、”海でまだテストしていませんでした。

1月の”ブリトップ”でのあまりの”釣れない加減に”

かつ

BFとBCのカーペンター”の完成度の高さに

心を折られて

かつ

”マグロのジギング”に勤しみ

すっかり、スイムテスト自体を忘れていました。

いざ投げてみると

  1. キャスト姿勢 合格
  2. ダイビング距離 仮免許
  3. 浮力&ステイ 合格
  4. 水絡み 仮免許

といったところですが、”まだ”使えるかな・・・といったところです。

☑︎SNSでの場所”開示”問題

ハートマークとポイントは一切関係ありません

最近オフショアの”遊魚”でも改めて話が上がっていますね。

スマホの位置情報など便利なものが増えている反面。

遊魚を専業としている方としては

結構困った問題だと思います。

  1. 問題点 :情報が簡単にスピーディーにSNS開示されてしまう
  2. よって、場所に人が群れる。
  3. よって、魚がスレる。反応が悪くなる
  4. よって、釣れなくなる
  5. よって、遊漁船の満足度が下がってしまう。
  6. 遊漁船の評価が下がる(仮説)。
  7. 専業の方にとっては、死活問題

昔から、専門の”釣り系”のアプリや

SNSがそこまで流行らない理由や

カヤック フィッシングの時やyoutuberの方が

背景に映すことへの指摘されることと”根幹”の部分は同じかと思います。

「共有したくない権利ですね」

  1. ”釣り人はポイント”は秘密にするものだ
  2. ポイントを見つけることが釣りの楽しみ

っていう根底にある

ということを改めて実感した事象だと思います。

ポイントって=”公然の秘密”のような面があります。

(知っている人すでに知っているけど、公に公開はされていない的な)

特に、御前崎〜三重まで幅広海域の中でキハダが

どこに出没するか?日に日に変わりますし、

毎年状況も少しずつ変わっていきます。

  1. 地理的特徴
  2. 海洋状況
  3. 鳥山・ベイトの可変的特徴

その現状の”キハダ”の位置情報を入手するために

”燃油”を何百リッターも燃やして、

探して、無線でローラー作戦して

いう

  1. お金の面
  2. 時間の面
  3. 人工数の面

ってかけて数日かけて、”雰囲気を”つかんでいる情報を

”SNS”でサクッと情報共有されてしまうことに対して

船長たちが”困っているのは非常に”共感”できます”

書いてみるまでは考えていなかったのですが、

  1. 遊漁船 対 漁師船
  2. 遊漁船 対 プレジャー
  3. 遊漁船 対 遊漁船

SNSの場所問題って上記構図ですよね?違うのかな

企業で考え場合、競合他社へ情報を開示しない

ってことで考えたら、すごい当たり前のことですからね

ただ、実際には、情報が”漏れないように

”完璧にすることは実際に難しいでしょう

理由・・・

  1. ”知り合いの知り合い”は友達理論で漏れる
  2. 情報はある程度出さないと集客もできない
  3. SNS拘らず、漏れていくネットワークがそもそもある

ということで、ルールでは縛れない話なので、

マナーでの話となりますが・・・

私の意見としては

乗っている船の船長が嫌なことはしない」ってのが

マイルールです。

オフショア遊魚の場合は

そこまで”背景”について指摘されることはないかもしれませんが

(そんなこともないか)

人気が出ている”マグロ”キャスティング&ジギングだからこそ

旬の問題かもしれません。

☑︎浮力が変わった問題”BC”ポッパーがシンキングしやすくなった

ブリトップで活躍してくれたBCポッパーが割れて、水分を吸ってしまったのか?

フローティングではなく、シンキング気味になってしまいました。

リングを太いものにしすぎたのか?

フックが重すぎるのか?明らかに浮力が落ちています。

もう一個BCポッパーあるので、まだ大丈夫ですが、もう一個補充するか?悩みどこです。

ウッドタイプの製品の宿命ですが、浮力変化がどうしても起きてしまいますね

ブリトップでは問題ありませんが、ステイをさせようとすると、

ちょっとマグロでは

悩ましところです。

残り、のGWの凪も”出れたら”出ます。