ビンチョウマグロは「腕の差」が出る釣りだと思う

☑︎ビンチョウは“腕の差”が出る釣りもの?

ビンチョウマグロも腕の差を感じますか?

View Results

Loading ... Loading ...

今回も懲りずに

「志摩のビンチョウジギング」に行ってきました

2020年末シーズンスタートして

実はすでに6回目

  1. キハダブレイク
  2. ビンチョウフックオフ
  3. ビンチョウフックオフ
  4. ノーヒット
  5. ノーヒット
  6. 今回 ビンチョウフックオフ

爆超を期待してしまいがちな

「ビンチョウジギング」ですが

現実的にはこんなものです。

手巻きの人

(腕に問題か)

風は強めでしたが北風北西よりの風だったので

出船予定について前日に

M船長

船長「行くよー」

と連絡をいただきました

実際に現地に着いていると

まあまあ「風」は少し強め

気温はちょっとグローブをしていないと

「冷たい」と感じる感じです。

ビンチョウジギングで今 聞きたいことは?

View Results

Loading ... Loading ...

まだ2月暖かくなったとは言え

まだまだ真冬真っ只中です。

  1. 今日も船首から2番目
  2. 400グラム4号で狙います
  3. 風が強いため

船長も300gからスタートしていいよと

風で船が押されて

どうしても横に流れてしまうので

重めの物を推奨していました。

「魚探への反応は無し」

鳥山は少しいる位ですね

☑︎ライン角度は400gで・・・

  1. 60°位結構(やはり流れますね)
  2. 300gの時は70-80°位まで流れます
  3. &爆風

結果100m落とそうとすると

200mは流さなきゃいけないので

なかなか回収が一苦労です

今日の結果は8人で

船中「ビンチョウマグロ」は

  1. 5本獲得
  2. 子トンサイズ
  3. 中トンサイズ一本

タネトンは上りはしなかったです。

5/8のキャッチ率 

手巻きの人

船中キャッチ率 63%です

周りの遊漁船に関しても

5から8のの数だったと思われます

船中キャッチ率が100%以下の釣行は

ほんとに一本のヒットも無駄にできないですね。

☑︎傾向”青物“経験者が強い?

青物ジギングのアクションができる人は

ヒット率が高い可能性が高いのかなと

改めて思いました

  1. ヒット多数(結果)
  2. ピッチリズムが綺麗(相違点)
  3. 初“ビンチョウ”キャッチ(結果)

と言うのをよく見かけます。

この人うまいなーって思ったら

即キャッチでも「初めてなんですー」パターン

今回乗った船でも1人の方が

はじめてのビンチョウジギングは釣れましたか?

View Results

Loading ... Loading ...

2キャッチ

“ジグを横に流してしゃくる”パターンでした。

他の船から聞こえてくる情報でも

やはり同じ人がヒットしていることが多かったです。

もちろん“運の要素”も大きいですが

目が大きいマグロ類はよくジグをちゃんと見ることができる

青物の特徴でアクションによる“ヒット率“変わる

いや、変化させることのできるという意味では

楽しみ甲斐がある釣りものですね。

ビンチョウジギング釣れたのは何回目ですか?

View Results

Loading ... Loading ...

☑︎角度変化→流し量の変化=技量

  1. 最初“40°から30°”2回〜3回しゃくる
  2. (その間の確度)
  3. 角度が60°まで行くとラインが倍必要

風と潮の流れ

頭では理解していても

今回はこの1-3の間を

どうやってリニアに変化できるか?が技量ですね

5mレンジが違っても

ヒットしないことも(厳し目に考えてですが)

あると思って最近は頭をフル回転させています。

手巻きの人

ライン量を増やして同じレンジを攻めるか?

もしくは

手巻きの人

“より重いもの”を使い深めレンジを狙うか?

いずれにしても→両方を狙って行える

臨機応変な対応が必要かと思います。

=腕の差が出るのでは?と思う次第です

☑︎外的要因と選択種類は?

  1. ベイトの深さ
  2. ベイトの量
  3. 風の強さ
  4. 潮の流れ

ビンチョウってこれをわかった上で

  1. 狙う箇所のレンジが広い。
  2. 本来のレンジは”都度”変化するはず
  3. ジグの選択幅もまあまあ広い

5m-200mぐらいまでいます。

これを攻める道具も選択も釣り人が次第

手巻きの人

ただそれが難しい。

自由が故に

  1. あえて軽いジグで浅いところを漂わせる
  2. ベイトのど真ん中でレンジ職人
  3. どん深ヘビーウエイトで直撃

どれも正解であり不正解でも無い。

☑︎船中キャッチ率と言う考え方

考えるとまだまだ確率はされていない

または雲の要素が強いと言われますが

ただキャスティングのマグロに比べれば

釣り人側のスキルで“ヒット率“を上げる事は

出来るように

まだまだ釣り人側に

課題が残っていると思います

とりあえず。

今はビンチョウマグロの

“長いトンネルの途中”です。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

26時ぐらいまでは連絡がつながる釣具屋
RedfishBluefishスタッフ
“手巻きの人”
RedfishBluefish手巻き深海専門店 運営
SNS ブログ EC ショップ運営