ビンチョウ釣るには“最後まで”どうやってしゃくり続けるか?

☑︎2020年トンジギング※途中経過

11月のキハダマグロを取れなかった悔しさに

前回の記事

ビンチョウマグロの予約を年末までに2件追加で取りました。

今日はその2回目のビンチョウ釣行

ロッドはキハダマグロ含めての

  1. 4号
  2. 24号
  3. 400m

の強めのタックルです

船は前回と同じところで到着まで2時間半ほど

船からポイントまでは30分ほどって感じです。

朝方 回りもの船も3隻ぐらい遊魚がいる

状態での“ジギングスタート”です。

前回よりは爆風ってほどではなく

釣り座は船の真ん中です。

☑︎キハダの歯で実績ボロボロ400g

今のところ、ヒット実績のある400g

シングルフックで流します。

角度で行くと前回が70度ぐらい角度に対して

今回は60度ぐらいのため

前回よりは落とす配色も少なくてすみます。

角度やライン配色の流し方は

だいぶ慣れてきましたが

今回は魚がいそうな層は“少し深め”

  1. 魚探の反応
  2. 潮目は100M

で反応があるので

“そこ”のした〜上層30Mぐらいをジグを泳がせます。

すると、

他の船で2ヒットの情報が・・・

朝のまずめで、

”ヒット”っと情報が入ってくるのは

近くの船からです。

2ヒット、両方ともキハダ情報

ただ、なかなか顔が上がりません。

数十分後に、リーダーブレイクとの情報

”11月と12月の1週目の段階では

キハダの胃袋からはカマスが出てきています。

一方は5号でリーダーブレイクとのことなので

恐ろしい海域です。

ただ、周りのヒット情報は

”こちらの船の”やる気も上がります。

  1. しゃく
  2. しゃく
  3. しゃく
  4. しゃく

シーン。

ということで、

”本船”は朝まずめの配当はありませんでした。

10時過ぎまであっという間に時間が過ぎます。

だいたい、陸上がりが13:00-14:00ぐらいですが

残りが、ここで3時間です。

なかなかここまでヒットがないと

みなさん”休み”休み”しゃくっています。

7人もいると、

だれかが、”ジグ”を落としている状態にできるので

なんとか、チャンスを待って

しゃくり倒す限りです。

☑︎11時過ぎ?やっと船中”ヒット”1回

みよしの側の同船の方が”ヒット”

トンボっぽい感じで角度が付いていますが

グイグイ上がってきます。

ぐるっと回って”無事ネット”イン

船長も”安堵”やっと1本目です。

さあ、また全員の”やる気スイッチ”が入って

しゃくりスタートです。

  1. しゃく
  2. しゃく
  3. しゃく
  4. しゃく

シーン。

なかなか、うまく行きません。

また、一人、また一人、竿を上げていきます。

正直、後半は体力と精神力のバランス次第です。

最後まで”しゃくり続けること”が

釣果への近道か?と

信じるのみ

としゃくってはフォール

しゃくってはフォールを繰り返します。

90mぐらいから巻き上げて、

60mから落として瞬間

”シャー!”

っとラインが放出されました。

船長ヒットしましたよ〜”

ストレートポンピングで

ぐいぐい上げてきます。

最初のランで以外と”大きそう”でした。

10mぐらい巻き上げてからまたドラグが出されます。

”グイグイ”&巻き巻き

でプレッシャーかけながら

巻き上げていきます。

船長が、”タモで大丈夫だよね?”

姿みたら、モリに変えるかも”など

横で、いろいろ準備を

せっかくしていてくれたのですが・・・

自分 ”ッス”(あ)

船長「あ」

ということで

”少ない”チャンスを”モノに”できませんでした。

ラインでもなく、リーダーでも、アシストでもなく

フックオフ、”かんぬき”掛ではなかったようです。

悔しい。

☑︎その数分後”15kg越えが同船者キャッチ

すぐ右横の方が「初挑戦」で初ヒット見事にキャッチ

これは見事、格好15kg越えのビンチョウゲットされていました。

最後までしゃくり続けること

やっぱり”トンジギ”では一番大事だと思います。

☑︎トンジグ2回目船中2/7キャッチ率28%

7人の乗り合いで、3人ヒット、2人キャッチ

4人は”ヒットもしない”

正直、”博打”感はさすが、

マグロだなと思いますが

キャスティングと比べると、

”マグロ”を釣りたいという方には

確度は高い釣りですね。

1月〜3月にかけては大きさは落ちてくるが

今度は数が釣りやすくなるとのことですので

これから風の釣りモノとしては、

まだまだ狙えます。

☑︎ちなみにJMロットも入荷されました

他にも各種ロッドが入荷されましたので

詳細は別途ブログにしていきます。それでは!”