雨にも負けず。カンパチとアカムツ便

カンパチ幼魚シオ

☑︎「カンパチ越冬」2020年

2008年からこんなこと初めてです。釣れて10-12月によく釣れてるイメージでしたが、寒くなるといなくなる1-3kgサイズがポツポツ釣れる。冬を完全に超えてしまいました。

  • キハダが豊漁
  • ビンチョウが豊漁

そして「カンパチも越」冬して釣れ続ける。「釣りには絶対」ってないですが

海の状態ってのは「そもそも」毎年同じではないってことなんですかね。

☑︎ジグは100-150g ロングサイズ

久々に200g以下のジグバックを釣行に持参しました。先日650g-800gと比べると、一本一本が軽い。なぜか「水の中のジグは泳いでる」状態が見える気がします。

カラーは

  • シルバー
  • ピンク
  • ブルー

あたりがであればなんでOKかと

☑︎水深60mベイト40-50m

アクションは

  • ワンピッチジャーク
  • ただ早まき
  • スローピッチ

いろいろためしてみましたが、「中速ワンピッチ30m巻き上げ」で立て続けにヒットしました。朝の雨と波の様子見の2-3時間でポツポツヒットです。ワンピッチ巻き上げでガツンとヒットして最初からドラグを出して走る感じ、シオサイズながらも面白いです。この子たちが10kgぐらいまでくるとより遠州灘が面白いのですが

って舐めてかかってると最初のランで突っ込まれて根に入られて1.5号を切られました。

(_ _).。o○

とりあえず雨間のカンパチで3匹確保

カンパチってこういう「勝てない」ところが面白いんでしょうね。

☑︎雨がやむ→中深海へ移動

食べる分だけは十分確保できたので、中深海ポイントまで移動します。

☑︎広範囲に桜エビ?

先日のキンメ も入れぱくでしたが、今回もポイントにはベイトがびっしりのようです。魚探にも広範囲に写っています。期待しすぎると良くないので、まずは一本取りたい。目指してとりあえず最初は240gのスペゼロを投入

☑︎一投目は船長の竿に「アカムツ」

私は240gの「スペックゼロ」を落としますが、無反応です。そこまで流れていないので着底はわかりますが、若干ぼけてくる。次の流しでは「重いのに変えようかな」

アクションしていると早々に船長の竿にヒットします。

  • 広範囲のエビベイト
  • ジグか?餌か?

今日はジグには厳しい戦いかもしれません。🙄とりあえずアカムツの確認ができたのでOKです。

☑︎2投目「ジグに」すぐヒットする!

スロージャー4oz 赤マーク
感度がやっぱりすごいなあ🙄

底どり後、3mぐらいまで上げて、テンションフォールで落としつつ、ステイ

  1. 約3秒間

「ツンツン」

久々の4ozの柔らかさと感度にすぐ穂先が動きました。そう言えば「アカムツのアタリってこんなだったな」と思い回収を始めます。

っぽいですけど
確証はありません。
多分赤いの

回収

巻き

巻き

20mぐらい巻き始めた際に

「スッと」とバレた感覚があり

もう10mぐらい巻き上げてはみましたが違和感がないので😅

「もう一回30m落とします」

船は、ほとんど流れていないのでもう一度底どりして

底どり後、3mぐらいまで上げて、テンションフォールで落としつつ、ステイ

  1. 約3秒間

「ツンツン」

なんと、連続ヒットです。中深海って楽しいですね。

☑︎超「女々しく」手巻き

とにかくゆっくり、巻き上げます。

  1. ヒット時のアタリ アカムツ
  2. 10m後のアタリ  アカムツ
  3. 100m後のアタリ アカムツ
  4. 200m後のアタリ アカムツ

巻き

巻き

間違いなくアカムツのアタリなのですが、ゆっくり巻き上げてここまでずっとブルブルされると心臓に悪いです。

ずっとブルブルいってます。

巻き

巻き

☑︎答えはエビってる○○!?

答えは!」

口にエビフック
尾っぽにフック
でアカムツがエビってました。

「これは外れないわ」、心臓に悪い損です。この状態なのでずっと「ブルブル」してたわけですね。ただ、あげてみたらムツバリが下顎にがっつりなので、そこまでの心配することもなく、あげてからも外すのが面倒だったぐらい。

下顎にガッツリ
ネムリバリ

ここに来てエビフック「アカムツ」にも効くようで

Reals
P.J.Ride
300g

☑︎次でヒットするが悲劇が・・・

次の同じラインを流します。

  • 同じくヒット
  • 女々しく手巻き

ただなんか重いけど反応は微妙

とりあえず

巻き巻き

巻き

回収直前

ん?白い

一瞬残像になり

白い魚体がどんどん大きくなり

「ザブン」

そう

サメです。目の前で何か魚とジグごと

2m越えのサメが持っていきました。

横で餌のロッドも回収中でしたが、サメがジグに🦈夢中のうちに回収して船縁にあげた直後の最後にジグにまたシャークアタック、ただ直前でそちらは回収

こんなシャークアタックも初めてです。海の生き物がみんな高活性ですね。

☑︎船長が餌でもジグでも追加

船長 アカムツ空回収なし

型も最近にしては「極小サイ」ズはなくそ、れなりの600ー900サイズです。

2019年厳しかった事を考えると☺️満足

結果 私個人は3ヒット1キャッチ 「アカムツ」釣れたので満足です。

☑︎体高と大きさもあって今回は大当たり

「何がいいって」!

冷蔵庫で眠ってもらいます。

全個体が肝がパンパン「肝パン」でした。

ありがとう。遠州灘 😃