残り100mで・・・アブラボウズ (仮)が

☑︎今シーズン初アブラボウズ

ASS

2020年アブラボウズ チャレンジしてきました。今はなき、ASS、これが無くなったら市販品は無しです。予備として数セットも保管してお出かけしてきます。

☑︎沼津を降りても4.5度凍結なし

最初車がノーマルなので不安でしたが、山間部の最低気温で1度ぐらいでした。あくまでも23ー24時時点なので

  • 交通情報
  • Twitter
  • 各機関

情報を確認しましょう。

☑︎一投目は1000g水深560m

1000g

潮は動いてはいる。早くもなく、底も取りやすい。問題無し、キンメの時よりも底どりを慎重に大目に巻いてライン伸ばして、大きく動作して、ってなかなかの肉体労働です。

☑︎船長も竿出してもらう

まともなアブラボウズ 仕掛けってはじめてみましたけど、やっぱりデカイですね。餌なんてそのままフライにしたら美味しそうなサイズ

とりあえず、2年ぶりの伊豆ボウズ 釣行、去年は予約は全て強風で中止、出れただけでもだいぶ満足しております。

巻き巻き

巻き巻き

自分「コツン」

船長「コツン」何かあたってるね。

自分「何が一瞬ジグにも来ましたね」

ただ乗らない。

次の巻き上げで落とした瞬間

「っす」

はい、切れました。

1000g殉職

(恐怖)

あれ、今日もこのパターンか?😅

☑︎2本目で底でデカイ「アタリ」

潮もゆるいので800gまで落とします

このままロスト地獄の恐怖もありましたが、今日は久々のアブラボウズ チャレンジ、ある意味無礼講です。ジグロストは覚悟しないと。

とりあえず、800gのヒウチさんのルアーを初トライしてみました。

はい、投入どうぞー

  • 800gジグ 自分
  • 2kg鉄筋船長

巻きあげ

落とす

巻き上げ

落とす

自分「あれ、キタ」

これはキタ

底から動かない。

「ん?根掛かり?、いや巻き上がる」

けど、底から少しずつ

剥がれるように上がってきます。

自分「あ、これ魚だ」

明かにバラムツの反応ではなく別の魚

自分「ゆっくりやりますね。」

船長「まだいろいろ時間にいっぱいあるんでゆっくりやって」

「今が一番楽しいから」

2年前にも船長から同じことを言われた気がする。今が一番楽しいから、本当にその通りだとおもいます。

「ただ、腰が痛い」

巻き上げ

巻き上げ

時間かけて巻き上げます。ストレートで巻き巻き、バラムツみたいに暴れるようなことはなく、最初ちょっと首を振ったぐらい。それ以外は少しづつ巻き上がってきます。

巻き上げ

巻き上げ

残り100mを切ったところで少しだけ浮き上がりが、止まったところでまた首振り

魚「グイッと」抵抗

フックオフ

腰と心がが砕けました

正直、

  • ボウズ か
  • サメか

どうちらかはもはやタラレバ世界です。

船長餌はサメの猛攻で取られたまくってます。

※バラムツ特有の歯形は一切なく

なんだったのかな〜?

☑︎結局一日「7投」配当0

  1. リーダーカッター
  2. フックオフ
  3. 空回収
  4. 空回収※ポイント移動
  5. 空回収
  6. 空回収※ポイント移動
  7. 空回収

以上

餌での配当も今回は一切ありませんでした。これが今のところ私の知っているアブラボウズ の世界です。

簡単ではありませんね。根掛かりがゼロが唯一の救いです。

今シーズンまた来ます。

  • 壺焼き
  • 温泉

で滋養回復して明日はキンメ便です。