釣れるナブラの見分け方は?”ナブラの飛び方”の考察☑︎今日はキハダノールックです。

☑︎本日”キハダ”釣行データ

今後の参考データに

記載しておきます。

  1. 5月中旬
  2. 鳥山あり
  3. カツオナブラ
  4. 巻網船あり
  5. キハダ顔出しなし
  6. カツオ魚体の確認なし
  7. 南。南東側
  8. 水温 忘れました。
  9. マグロヒット
  10. マグロキャッチなし
  11. 僚船出船なし

”遠州灘”のマグロは通常運行に戻りました。

ナブラで魚を見分けることができますか?

View Results

Loading ... Loading ...

また、またどこかで”チャンス”が来るはず。

現状関東側は”伊豆大島”付近で爆釣中

湘南の方曰く、”三浦半島”はまだまだみたいです。

まあ、”言っても梅雨入りした”ぐらいで

夏前本番ですので、

次のXdayまでチャンスを掴みに行くのみです。

今回は”チャンス”なしでした。
※キハダ”自作ルアー”縛り”継続です。

☑︎JM Yellow Fin Special rod 8.8 仕様

JM Yellow Fin Special Pencil & Poppingd 8.8ft
JM 8000S

今日のタックルは

  1. JM Yellow Fin Special Pencil & Popping rod
  2. JM 8000S
  3. kt200+5/0
  4. ライン6号
  5. リーダー 150lb

JM Yellow Fin Special Pencil & Popping rod

を初めて、まともにキャストしましたが

ヤマガブランクス81/6と比べると

やっぱり

”ヘビー”タックル気味です。

型式仕様81/6JM Yellow Fin Special Pencil & Popping rod
長さ2480cm 8.1ft2680cm 8.8ft
ルアー30-110g120-150g
適合ライン4-6号4-8号
ドラグMAX13kg18kg
重さは”タックル”セッティング”中なので”また後日

長い分・重いです。

ただ、ティップが81/6と比べると

柔らかいです。

ゆえに、軽いものからも投げることができる。

8号までカバーできるので、

太いライン用で使う場合

タックルで使うイメージ

”ぜひこれで60kgオーバー取ってみたいものです。

☑︎釣行は?「晴れ時々曇り5m/s

船で、走ると1時間半ぐらいでしょうか

朝一は風は少ないですが

9時過ぎから、5m/sの予報通りで吹いてきました。

  1. 向かい風
  2. ボイルも見つけにくい
  3. 東風

なかなか条件は厳しかったですが

”鳥山鳥山”

直近、見ていない鳥山の量

今年いちばんの鳥量でした

でもね。

  1. キハダ顔を上げない
  2. 動き早い
  3. 魚体も見えない

前回の”西側”のナブラ、

ヒットした時とのナブラと状態が違います。

こんな状況で鳥山レーダーには鳥はいっぱい写るのですが

  • カツオも
  • キハダも

ノーキャッチ

”ベイト”の鯖がキャストとジグに

一匹づつきて

本日は納竿です。

西側でのキャッチの情報あるので”

出会えなかった”だけだとは思います。

☑︎ナブラの出かたの”考察”

船中キャッチナブラ 船中1本

初めて行くと何が

なんだかわからないと思いますが

何度も行くと

  1. 釣れそうなナブラ
  2. 難しそうなナブラ
  3. 投げないナブラ

見分けがついてくるようになります。

過去に”見たことのあるナブラは?

  1. カツオナブラ(移動の早い)
  2. カツオナブラ(沸いてるジャージャー)
  3. キハダナブラ(全方向、最高ナ)サバベイト
  4. キハダナブラ(全方向、最高)イワシベイト
  5. キハダナブラ(一部、顔出し)
  6. さばナブラ(釣れたらさばだった)パターン
  7. イルカやクジラ(鳥山でもキハダはいない)
  8. クジラナブラ(キハダも、いるチャンスあり)
  9. サメ付きナブラ(キハダもありリスクもある)
  10. シイラナブラ(シイラが、イーターのパターンとベイトのパターンもある)
  11. サンマナブラ (遠州灘だと、冬に数回)
  12. 居付くキハダナブラ(地域性で再現性が高い)

そんな感じで

「ナブラっていっぱいありますね」

今思えば、

”ひとくくりに”これをナブラと言われてしまうので

船中キャッチナブラ ヒットは1本

初めて行く人は”違いが分かりにくいと思います。

地域性や季節によっても変わりますし

人によっては、

”キャストもしません”

ってこともあるのではないでしょうか?

鳥がいなくても”ベイト”がいれば、

魚探に”でかい”反応が写る。

待っていれば”沸く”キハダ”と

”ナブラ”によってはキャストをしない?

View Results

Loading ... Loading ...

円弧を描きながら

約1秒の魚体を出して

飛び出るナブラ

この時は”もちろん”ですが、

キハダのルアーへの反応も

絶好調です。

”ホットケ”でバコって反応してきます。

個人的には”

  1. 魚体が出ている
  2. ドラム缶サイズ
  3. 円弧の時間が長い(ゆっくり飛んでいる)

こういう”ナブラ”に出会えると

その日は”Xday”になることが多いと思います。

※ちなみ、ナブラがなくても

急にキハダ出ることがあるので

”キープキャスティング”も

大事だと思いますので

そこはお忘れなく。

”ナブラ”はあくまでも”目安”です。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

26時ぐらいまでは連絡がつながる釣具屋
RedfishBluefishスタッフ
“手巻きの人”
RedfishBluefish手巻き深海専門店 運営
SNS ブログ EC ショップ運営