新島キンメ 1.23(日)と2.23(水) 2022年 乗りたい方はDMください。 redfishbluefishjapan@gmail.com

2021初釣果”ポッパー”遠州灘ブリトップバイトの嵐

☑︎2021初釣果はポッパーで遠州灘ブリトップバイトの嵐です

1/4がほんとは初釣行だったのですが

見事ビンチョウは6?連敗中です。

今週は珍しく伊勢志摩が

南風でビンチョウ中止のため

急遽遠州灘ブリトップへ行って来ました.

12月の爆釣から波はあるものの

それなりにバイトはあり

まだまだ青物の反応がある遠州灘ですが、

寒気なども入って状況は

不明の状態

果たして?

☑︎ベタ凪→爆風の方がいい”ブリトップ”

土曜日と日曜日を見ると

“日曜”が爆風

ただ、できれば日曜日は休みたいと思ったので

土曜日に出航しました。

出てみたら朝方は“べた凪”です。

ルアーが良く見える。良く見える。

ただ、バイトの想像が全くできません。

無線から入っってくる他の遊漁船の様子だと

10時ぐらいで

みんな太刀魚がすでに満タンとのことです。

遠州灘の太刀魚は好調のようです。

☑︎ポイントは”ベイト反応のみ”

最初の一時間はぐらいは魚からの反応は

”全く”ありません。

ベイト反応は漁礁の周りはあるが、

それ以外は特に反応なし

鳥もいない。

静かな遠州灘です。

午後から爆風予報でしたが、

天気予報はずれるかな?と思うような

凪倒れ日和ですね。

☑︎ルアーは”BF170”と”BC130”メイン

BC60-130
BF60-130

最近自作のルアーばっかりを動かしていたので

久々に”カーペンター縛り”で投げましたが

”カーペンター”様 

さすがでございます。

  1. ダイブの正確性
  2. ダイブ距離
  3. S次のスイム
  4. ただ巻きのアクション
  5. 波との絡み方
  6. 沈降姿勢
  7. 浮力の違い
  8. 水と泡の巻き込み具合
  9. チェイス後のひきつけ具合
  10. チェイス後のヒット率
  11. ミスヒットからの再ヒット率

ざっと思いつくだけでこれだけちがう

さすが、“プレミア出る”ルアーなだけありますね。

  1. 泳がしても
  2. もぐらしても
  3. ストップアンドゴーでも

リールの操作だけで釣れます。

ロッドワークなくても釣れます。

バスのトップウォーターのように

ボコボコをリールだけで

動かすイメージです。

淡水ならまだしも

海水でそんな動きをしてくれます。

☑︎4cm短いBCポッパーが”良く飛ぶ”+20m

今回のファーストヒットは結果

”BC60-130″カーペンターのポッパーですね。

そしてポッパーめちゃくちゃ飛びます。

  1. ロッド ヤマガブランクス
  2. リール JM5000S
  3. ライン 3号
  4. リーダー 22号

少し遠州灘でのブリには

オーバースペック気味の仕様ですが

明らかにBF60-170と比べると

10-20mぐらい多め飛びます。

ざっくりですが、オフショアで

この差も結構乗合や

マグロなどでも釣果に効きますね

放物線の落下姿勢になってからの

“伸び”が違います。

特に、風が出てから”カップ”で

風を受けとめてくれるからか

ぐんぐん伸びて

一瞬後からキャストした人よりも、

後に着水します。

このロングキャストの違いって

結構”ヒット”率に関わってくるので

想定外の産物でした。

”ブリトップ”で使ったの初めてでした😊

  1. シルエットとが小さい
  2. 飛ぶときの姿勢が安定
  3. カップに風を受けて

弾丸のように飛んでいきます。

以上がおすすめのポイントです

☑︎釣果「最初の一匹は?」

最初はべた凪の最中

一瞬もわっとしたのですが

ヒットまで行かず。

”見間違いかな?”

って思ったのですが

その数投後に

後ろでジギングで別の方がヒット

そのあと数風後に

このBC60-130にもヒット

ただ、”イナダ”クラスでした。

今日はダメだと思っていたので

とりあえず、一匹があがってよかったです。

(写真なし)

今日はこれで終わりと思っていたのですが・・・

☑︎余談”ロッド”は長いが有利説 今回はBS85/4

Lure 25〜100g
PE 3〜5号

DragMax : 8kg/45°
仕舞寸法 : 1860mm
ガイド:SiCオーシャンガイド+ステンフレームKガイド(Fuji)仕様 
リールシート:DPS20(Fuji)

やっぱりブルーブナイパーのロッドは

”いろいろ”いい=Goodです。

ブランクの粘りもいいですが、

ライトツナ仕様〜ヒラマサが

もともとの仕様のロッドですね

※中古であるからもう一本買いたいぐらい

(前回、曲げたくて、ジギングロッドで投げてましたが飛距離に限界が・・・)

  1. キャストの飛距離
  2. 軽いルアーも投げやすい
  3. パットもパワーあるので大判カツオ、キハダ

ぐらいまで幅広く使えるので、

オフショアでの

キャスティングロッドとしては万能ですね。

リールはJM5000Sに3号なので遠州灘なら

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!