“アカムツ”大きい個体と小さい個体が混ざった群れでジグを食うのはどっち?☑︎雨にも負けず。4ヒット2キャッチ秋のアカムツ便

☑︎久しぶり中深海ジギング

すみません。久しぶりの”手巻き深海”です。

ただ、カツオがまだ”うようよ”している。

噂があるので

念のため3号のラインをまき直しました。

念のためですよ。下心はないです。

キャスティングの準備も

  1. JM5000 3号
  2. ステラ14000 6号

念のため持っていきました。

☑︎本日釣行予定は?

スイムテストもかねてなので全般持ってきます。
  1. キャスティング“サワラ、青物”
  2. ジギング“カンパチ”
  3. ジギング“アカムツ”

他は”適宜”対応ということで

まあまあフル装備で出船です。

あいにくの雨模様です。

当初出港が難しかったことを考えると出れるだけよかったです。

☑︎最初の近海ポイントは?

狙いは”カンパチ”

40mラインの漁礁です。

ときより、5mぐらいの高さの人口漁礁の

近くで“魚探に反応がある”ところ流します。

  1. 細めのシルエット
  2. 100g〜150gで
  3. 早巻き+食わせの”間”

を意識してハイピッチで狙います。

あいにくの雨模様

ただ、風も波もないので出航です。

  1. 巻き
  2. 巻き
  3. 巻き
  4. 巻き
  5. 巻き
  6. 巻き
  7. 巻き
  8. 巻き
  9. ふわ

っと漁礁が4mぐらいなので

「”底”と漁礁の上から5m」を誘います。

船長も竿をいれると

”船長”がすぐヒット

※魚はいます。

技量と経験数の違いって

すごい勉強になります。

  1. フックの違い
  2. ジグの違い
  3. アクションの違い

を考えた上で、

ジグをローテンション、

アクション真似ますが

なかなか釣れません。

秋のすぐヒット”っていう”地合い”という

感じでもなさそうです。

ちょっと間を開けて、船長が入れると

また”ハマチ”がヒット

これは”腕の差”ってやつですね

☑︎”ルアー”チェンジようやく後ヒット

巻き

巻き

ふわっと

  1. 巻き
  2. 巻き
  3. 巻き
  4. 巻き
  5. 巻き
  6. 巻き
  7. 巻き
  8. 巻き
  9. ふわ
  10. ゴン

忘れかけてころに

「ゴツン」ってヒット

最初”ゆるゆる”ドラグはぐいぐい出されましたが

最初だけ、あとは真面目に浮いてきます。

最後に限っては回転しながら上方向に泳いできたので

一瞬”ばれた”かと思いましいたが、

無事にネットイン「あれ、ヒレナガ」ですね。

  1. ライン 1.5号 
  2. リールVS-2000XH
  3. ジグ 150g(ジグの名前知りません)ピングカラー

久々にまともに”ジギング”で魚を釣りました。

☑︎次は中深海:アカムツ

アカムツ”狙い”イメージ

鳥は飛んでいるが、浅いところに

  1. 鳥山なし
  2. ナブラなし

ってことで、

キャスティングは諦めて

”深い”ところを向かいます。

  1. ジグは300g”PJ -RIDE REAlS レッドスポッド
  2. ライン1.5号
  3. 4oz

海の季節が変わりましたね

先月のボウズの時の夏潮ではありません。

”底取も容易”

”向かう最中に”太刀魚”も釣り堀状態で

さすが週末船団状態です。

雨なのに”よく人が集まるな”って思いましたが

自分もその部類なので“お気持ち”は一緒です。

ただ、注意しなくてはいけないのは、

この“太刀魚”が“アカムツ“ポイントでも

よくヒットしてくるという事実

「まあ、どうしようもない」のですが

魚探に反応がでたら

注意しなくてはいけないですね。

☑︎1投目から”何か”ヒットも・・・

底1-3mであんまり

動かさずに誘ってると

”くくん”久々に“あのあたり”です。

1匹目なので

丁寧に巻きます

  1. 巻き230m
  2. ごんごん
  3. 巻き
  4. 巻き
  5. 巻き
  6. ごんごん
  7. 巻き
  8. ゴン

ココッん

ここんと

残り20mでまた

叩きます。ゴンゴン

見えてきた。

・・・はず

“アカムツ”の鱗

「あれ、ついてない」

アカムツの”鱗がフックに”付いているので

これは最後の”あばれ”で逃げましたね。

悔しい。久々のアカムツが・・・

船長の”餌”竿にはちゃんと

アカムツが付いていました。

☑︎2投目で”答え-“は早かった

同じラインを流すと、

安定の同じ場所でヒットしました。

たぶん、こんな感じで”群れていますね”

同じところ、同じラインでヒットしています。

  1. ヒット
  2. コンコン
  3. 巻き
  4. 巻き
  5. 巻き
  6. 巻き
  7. コンコン
  8. 巻き
  9. 巻き
  10. 巻き
  11. 重い
  12. 巻き

久々に、”手巻き”楽しいですね。

久々に

この楽しさ

最後に”ゴンゴン”ってなります

見えてきた赤いのは「アカムツ

☑︎次の流しでも”ヒット”

たぶんまだいる。

100m台では全く反応なし

やはり、同じところで、ククンとヒット

ただ、5mぐらい巻いてみたが

多分ばれている。

すぐに投入し直しました。

きっとまだ”ヒット”ゾーンだと思われます。

  1. 底から0〜3m
  2. 50cmも動かさない
  3. ステイでヒット待ち

今日は餌でもジグでも同じところでヒットします。

ただ、ちょっと”潮”の流れが変わると

反応が変わります。

さきほどの、再投入から数分後に

「ククン」とヒット

  1. 巻き
  2. ククン
  3. 巻き
  4. 巻き
  5. 巻き
  6. ククン
  7. 巻き
  8. 巻き
  9. ククん
  10. 巻き(重い)
  11. ※ラインクロス?
  12. 魚は見えた
  13. フック外れた
  14. 船の下に流れていく
  15. 逃げた

5m先で浮いているの魚を発見!

タモで救ってなんとか「アカムツ」ゲット

☑︎終盤まで”似たような”ラインで

これを期待しています。

これを期待して3匹目を狙っているのですが

忘れていました。

あれです。

ラインのフケを取っていた際に

ちょっと着底していたはずのラインが

あれ、ライン負荷がなくなっている。

やられました。

今日初の”ジグロスト”です

レッドスポッドグローがなくなってしまった。

今日はジグで”アカムツ”2匹 ヒレナガ1匹 太刀魚が1匹

残りが、船長釣果=腕の差ということです。

今日は”餌”が6匹 ジグが2匹といことで

”中深海”釣果としては上々です。

今回のアカムツの群れは

大きい群れと小型の群れが混ざっている群れでした

大きいの小さいのが混ざった

☑︎ベイトは“海老”で抱卵あり肝は小さい

ジグで釣った個体のベイトは

  • 海老 エビ 🦐 です
  • 春先と比べて肝がほとんどありません
  • 基本メスだったかと

魚卵が大きかった一番美味しそうな個体も

肝は小さいものでした。

大体群れによって大きさが分かれますが

今回は色々な大きさが混じった群れだったようです

この大きさの魚卵であればまた

アカムツもカラスミ作ろうと思います

結論「ジグだから大きいとは限らない

今回は顕著な釣行でした。