自作ダイペンでマグロ“13号200mm”仕様コーティンのグから仕上げまで続き⑩

☑︎前回までの続き

一本作っては

次の加工に入り

一本コーティングしては

次の加工に入る。

複数同時進行でいってます。

なんだかんだ9月はまともな魚を釣れず

深海&中深海二回ボウズが痛かったです。

巷では

  • 太刀魚
  • カツオ

いい日は当たってるらしいですが

“幻”に見えます。

そのあとは台風で何も出来ず。

ということで制作に本腰が入ります。

☑︎13号サーフェイサー&エポキシコーティング

このブラックサーフェイサー非常に便利です。

まとめ買いしました。

  • 黒の下塗りできるし
  • 表面の凹凸消えるし

ネックは

自分の表面加工の“粗さ”があらわになること

まあ、これぐらいなら

エポキシコーティングで修正可能です。

どうせ“装飾“しますので

☑︎13号ボディイメージは?

今回は6色利用しています。

テストでは赤いカラー発色が非常にいいのは

わかっているんで期待しています

下地の処理も順調なので

剥がれなどもなく”整いました。

  • 貼りすぎると統一性ないし
  • ブラックのよさを失う
  • ガラonガラ

まだ顔がないとイメージ湧きにくいと思いますが

多分これはいい感じになると思います。

☑︎13号フェイスメイクは?

この海に出れない機会に過去の魚に写真を

見返しました。

  1. 目の大きさ比率
  2. 唇の大きさ
  3. 顎の長さ
  4. カラー
  5. エラの薄皮

並べて見ると違いがあって面白いですね。

”口あき”と”口閉じ”

個人的には”口開き”が“好きですね

”追われている”感じがするからでしょうか

☑︎13号やっぱり”アカムツ”フェイス採用

12号の型をそのまま使って

顔を装飾します。

左右作って

☑︎13号“フェイス後”5回位コーティング

水研ぎ後に

「フェイスメイク」の課題

  1. 一度浮くと修正困難
  2. シワが入りやすい
  3. 厚塗りになりやすい

全体と均一になるまで

結局”5回“はコーティングしましたね

☑︎13号“事件”が起こる(°_°)

1回目のコーティングから“いい感じです”

フェイスメイク後

”魚感“が出て非常に

そんな中5回目で

水研ぎコーティングで次は薄めの

コーティングで終盤です。

犯人はこの筆のです

はずれを引いたのか

ハケでエポキシを薄めに塗っていると

あれ?

なんか筋が入ってる

あれ?

・・・

「筆の毛」が大量に抜けて

最終コーティング間近でダイビングペンシルが

”毛“だらけに(°_°)

(°_°)

緊急自体です。

”まずい” ”まずい”

コーティング開始3分の出来事だったので

全部拭き取ってことなきを得ました。

危なかった(°_°)

次のコーティングでは、”薄め”のコーティングも成功して

エポキシコーティングはこれで完了です

  1. 凹凸
  2. ベタ付き
  3. 硬度

今回のコーティングが色々”クリア”です。

☑︎組み上げ前は”103.2”g

さあ組み上げ瞬間ワクワクしますね。

次のコーティング無くなるのが不安で

  1. 先頭のエポキシ切断
  2. 後方エポキシ切断
  3. 1.6mmワイヤー通して

仮に測って見ると

103g

”うん“いい感じです。

下の魚はアカムツ以外です

早速2個追加加工始めました。

  • 160mm
  • 200mm

ブリトップ用に160mm増やそうかと思います。

1.6mmワイヤーを組み上げて

最終局面です。

巻いて

巻いて

はい、完成!

☑︎今後の興味はシングルフックについて

になるかと思います。

キハダマグロのフックは?

View Results

Loading ... Loading ...
  1. フッキング率
  2. 保持力
  3. 魚へのダメージ
  4. プラグの寿命

マグロでは今年は感想はないのですが

掛かれば強い“トレブルフック”

シングルで食わせるってのも

来年は一つ課題になりそうです

とりあえず

早く”投げたい“