☑︎貫通穴の開け方〜加工までまとめ。自作”ダイビングペンシル“でマグロを“釣りたい件⑧話

☑︎はじめに

今日はマグロのダイペンの記事なのでを

深海の方は読み飛ばしてください。

※ジギングは2回連続で深海ボウズなので

書き“損ねて”います。

強いて言えば今の遠州灘は

通常+250g以上推奨

ということでご注意を!

前回までの続き

今日はダイビングペンシルの

  1. 木材貫通穴の開け方
  2. 下地の書き方
  3. 下地加工 ”彫刻刀とトイカンナ

の動画を回しました。

”先人の技術“には到底追いつけない範疇ですが

参考までにまとめております。

三つの記事に分けてもいいボリュームなのですが

手間なのでもう一つの記事のまとめます。

☑︎200mmペンシルの貫通穴の開け方

ポンチで目安
2.0mm
3.6mm
10mm 円筒エンドミル 先端のみ
8mm ドリル
10mmドリル
三角錐ヤスリ
円筒エンドミル10m 内面加工
マーカーで縁取り
縁取り フロントフックも
ワイヤー貫通試しに通し

☑︎貫通穴あけまで動画

☑︎道具については?

下記をご参照に

加工時の道具2mm〜10mmドリル
研磨&エンドミル&ロングドリル

よく100円ショップだけで的なものを見るのですが

電動ドリル本体は2000円ぐらいやつよりは

カーマでも中級以上のドリルで

やった方が失敗が少ないです。

経験談です。失敗率がグッと減ります。

トルクと偏心の精度の違いだと思います。

穴あけポンチもやるとやらないで

“穴の角の仕上がり”が大きく変わります。

200mm穴のドリルと切削エンドミルは

ホームセンターでないと無さそうです。

木材用としてではないですが

木材自体は柔らかいので

外径が合えば大概加工が可能だと思います。

※動画とブログの記載の外径が若干記載違いますが

ご了承ください。

☑︎木材への“下書き“

加工前に30mmに十字でラインは引きます

穴あけは先ほどのパートの通りです

  1. フロントフック穴
  2. フロントアイ穴
  3. リアフック穴

の順番です。

貫通穴のワイヤーの通過位置は正直まっすぐ出なくても成り立ちます。BFやガンマを見ていても結構ズレている商品もあります。

こんなことを言うと怒られますが、

”ズレてて“ちょっと安心しました。

30mm→5mm引く

母材が30mm幅なので厚すぎて浮力が高すぎるので

ここで削ぎ落とす面を決めます。

片側5mmトータル10mm削れて

幅20mmになるわけですが

張り合わせ式や素材が元から20mm✖️30mmのものであればその限りではありません。

駄作:30mmは太すぎる
リアの細さを決定

垂直姿勢を作るにはリアに比重を設けて

  • ヘッド側が太く
  • リアが細い

状態を作れば後は

  • リアウェイト
  • フック
  • リング他

で大概垂直姿勢になります。

先端のデザインの目安のラインを引きます

頭の形が一番デザインが難しい。

  • 個性を出すには?
  • 水抵抗が“こう”だ

☑︎木材の加工“大工程”

上がトイカンナアラ加工
下が布ヤスリ後
  1. 頭の鋭角の部分はぐさっと彫刻刀で削って
  2. そもそもの5mm削ぎ落とし
  3. リア側の肉抜き
  4. シンメトリーになるように
  5. 荒削り

削る順番を間違えるとせっかくに

“下書き”の意味がなくなってしまうので

ここは考えながら削ってください

“ある”程度まで来たら”トイカンナ“で削り。

ここで大体の本体のボディ形状は確定です。

後はヤスリを全体にかけたら

  1. ディピングをセルロース
  2. 6回ほど上下逆にして実施
  3. 一回水研ぎ&乾燥

で次の工程に向かいます。

実際の仕上がりや出来の半分はここで決まります。

ただコーティングミスっても終わります。

全工程“気が抜けない”

何回もやってると再現性が出てきます
  1. 彫刻刀
  2. トイカンナ
  3. 布ヤスリ(動画なし)

やっと書きたかった

  • 穴あけ
  • 下書き
  • 荒加工

のついてかけました。

☑︎コーティングは試行錯誤中

3回ぐらいディピング後

ここが前半までのイメージですね。

これ以降のデザインとコーティングは試行錯誤中です

また書きたまったら公開します。

それでは!