2ノット、2枚潮、2高切れ 3ジグ ロストの盆前釣行”手巻き深海”2020年夏

☑︎とにかく早い潮、しかも中層も早い

”ラインとジグ”の負荷が尋常じゃありません。

※お盆前に東側のポイントに行ってきました。

夏のそもそも表層の潮が非常に”はやい”のですが

今年は黒潮は”だいぶ”近いところまで接岸しています。

  1. 表層
  2. 中層
  3. 底潮

すべてがバラバラになります。※これ、悲惨な状態です。

☑︎750g 1.5号でそこは取れるが・・・

とことん、”手巻き深海”には向きません。

  1. 底が取れない。
  2. ラインが流される
  3. お祭りしやすい
  4. 根掛かりしやすい
  5. ロストしやすい

1日の10回の投入で、さらに、

まともに”アクション”できる時間がほとんどありません。

”流されているライン分”だけすぐ回収します。

☑︎ジグの重みか?ラインの重みか?

  1. ”ラインクロス”か
  2. ”ジグ”の重みか
  3. ”ライン”の負荷か

”着底がまともに何回取れたかな?”ってぐらい

最近、”ラインクロス”の負荷は特に厄介ですね。

  1. ”アタリ”が不明瞭
  2. 底も不明瞭
  3. 何をやっているのか不明瞭

いやー困りました。

魚か本当に疑心暗鬼

餌の1.5kgの鉄筋でやっている常連さんも

”今日はよくわからない”って言っています。

非常に厳しい日ですね。

☑︎餌にも一匹キンメのまま無反応

ポイントを巡るが、まともに釣りができぬまま進む。

`12時ぐらいまで、餌の方も含めてキンメダイが一匹の釣果です。

やっぱり夏は”深いところ”はやるもんじゃないですね。

※先週と意見が違くてすみません。

釣りは思った通りには行きませんね

☑︎途中:重さに回収するも「○○」

750gから800gへ変更しますがあまり、底取りって点では難易度は変わりません。

投入で、集中しながら、

”すっごい”重いので回収してみますので

まき

まき

まき

魚振なし

まき

まき

まき

※途中800gへ変更しましたが、

異常なしでした。

☑︎高切れにて400mを失う。他リールから移植

次の投入では”根掛かり”です。

引っ張っても1.5号だと全然”切れません”

船で引っ張ってもらいます。

ここでレバードラグのそもそもの効き具合を調整できます。

普段はズルズル仕様なので、根掛かりで引っ張るとレバーをMAXにしても

ラインが出てしまうので、ドアノブで締め直します。

※ここの調整はレバードラグをFREEにした状態で行うようにしましょう。

まき

まき

引っ張る

※想像異常に伸びます。

悲しい瞬間です。

っす」っと

ラインが高切れしました。

※400m 

根元から行きました。交換直前だったので緊急対応で

他のリールから1.5号から移植しました。

☑︎終盤”900”g越えでサイド投入すると「○○」

”ヒウチ”ルアーです。

潮の隙間を見て、”ジグ”を重みを増して、投入しました。

※まだ諦めていません。

※今回は魚であってほしい。

遠州灘で940gを使うのは初めてです。

果たしてなんの魚なのか?

まき

まき

まき

まき

重いんだけ、もはや、”判別”できません。

まき

まき

お、”色がついてる”

新島を彷彿とさせる”夏の遠州灘”でした。