新島キンメ 1.23(日)と2.23(水) 2022年 乗りたい方はDMください。 redfishbluefishjapan@gmail.com

自分が削った木でマグロを釣りたい件 ②続編

☑︎今年の新しい目標

アフターコロナの話ですが・・・

去年から継続中の

  • 自分の作成ルアー」でマグロを釣る。の件
https://www.temaki1000.com/2019/09/27/自作ダイビングペンシルでマグロを釣りたい/

最近サボってましたが、在宅、自粛中のため絶賛活動中です。

☑︎40mm角材を入手

https://diy-lab.jp/ 

こちらにて40mmを追加で購入しました。

30mmだと若干細いので今回は40mm角200mmを16本入荷してもらいました。

桐集成材 1820X30X30 (mm)440g

中心線だけ書いてGW中は

1日一本ずつ削っていきます。

手が痛い」ので気軽にエンジョイしながらという意味で行くと

※わたしは1日2本ぐらいが限界です。

ドリル:4本ぐらい使って書く各所
穴あけしています。

気長に行きます。

  1. 線引き
  2. 下地へのデザイン設計
  3. 穴あけフロント「フック穴」
  4. 穴あけフロント「中心穴」
  5. 穴あけリア「中心穴」

5が一番ミスることが多いですが、今回は全部成功しました。

外枠を削って行きます。貫通式って多少デザインに制限があるのですが、やっぱり手軽さとマグロに耐えうるってことを考えると選んでしまいますね。

  • 最終重量
  • フォルム
  • デザイン

結構も自由にデザインできます。

  1. フロントフックの位置
  2. リア側の太さ
  3. 顔の形状
  4. 最終デザイン

☑︎サンダーが活躍

最終仕上げの補正で使うイメージです。

  1. 最終ボディライン
  2. 角先端の仕上げ
  3. 凹凸の補修

相変わらず、音はまあまあうるさいですが

これですこれ。
ただ少し改良バージョンが出てますね。
2020年は

去年買った時は6000円弱の価格イメージから行くといい仕事してくれています。もう少し荒めのベルトにすれば本格的に本体の削りでも使えるかもしれませんが、トルクがあんまりないので強く抑え過ぎると止まってしまいます。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!