深海アブライカを生で食べる。

先日のアブライカ

釣り人の特権、「生で食べてみます」シリーズ。久々ですが、手に入ったので食べてみます。ただ、今回はあまり気が進まない。深海のイカです。普通イカといえば、

  • エギング
  • イカメタル
  • スッテ

など、いろんな釣りが確立されているぐらい人気釣りものの一つ。数も釣れるし、しかも食べても美味しい。生でも煮ても焼いても最高な食材で人気ターゲットの一つです。個人的には日本海側のように釣れる時期や船があれば行くのですが、こちらのホームグラウンドだと、期間も海域も限っているので、あまり縁がありません。ただ、個人的にはイカ好きですが撚

先日の「アブライカ」を捌きました

「ゲソ」なんかも美味しいそう

今回は魚種もネタも豊富です

先日のトウジンは期待値を超えて来てくれましたが、イカも「もしかしたら美味しいんじゃないか」という期待を裏切ってくれることを願って持ってる帰ってきました。

エンペラはこのような

普通ですね。

天ぷらにしたら美味しそうな

目が独特「ホラー」

釣った時は気づきませんでした。アイドル並みの大きな「ぱっちり」とした目です。黒目も大きい、こんなの真っ暗な深海で出てきたら「恐怖」ですね。墨は破れてしまっていましたが、ハラワタの状態は「良い」し、すごい「大きい」。美味しそうな塩辛が作れそうなぐらい綺麗な状態です。食べるか、食べないかは別として、とりあえず、解体してみました。

エンペラ
はらわた

今流行りの「プラスチック」もアブライカの体にいっぱい入ってました。深海イカの体も内部もプラスチック問題は深刻ですね。

  • えんぺら
  • げそ
  • ハラワタ
  • 本体

で分割してみます。ここまでは普通のイカですね。

拡大「アブライカ」の目

ホラーですね

ハラワタも生で舐めてみました。

「うーん」

「癖もなくそのまま食べれそうだけどな」

  • 臭みなく
  • エグミなく
  • まさに塩辛

ただ怖いのでここは控えてました。なめただけでは、体に影響はなかったですが、一本丸っと食べたらわからないですからね。

アブライカ生で食べてみる。

透き通った透明感
これは美味しいに違いない

めっちゃ美味しそう。軟骨(プラスチック)取って、皮を剥いだら透明な新鮮なイカが出てきました。

  • ケンサキイカ
  • アオリイカ
  • コウイカ

結構捌きたてを食べてきました。

  • 弾力だったり
  • 甘みだったり
  • 食感

イカによって美味しさってありますが、今回はどうか?

では早速いただきます。

「っぱく」

控えめに言って「超まずい」

  1. エグい
  2. 酸っぱい
  3. 塩っぱい

いや、これは期待を裏切らないまずさ」ビックリしました。

ただ、一箇所褒めるとしたら「食感は悪くない

一口で、わかりました。これは食べてはいけないやつです。何に似ている?と言われると何も似ていないですね。形容しがたい、通常の調味料や食材で表現しにくい。

「生」でいけばサメなどの特有のアンモニア系の不味さはいけるかと、淡い期待もしたのですが、今回ばかりはまったくお勧めできませんね。とりあえず、捨てるのはもったいないので深海釣りでの餌ように冷凍することにしました。

みなさんもぜひ釣れたら「アブライカ」ご賞味ください。