500g以上ジグ売っているメーカーは?

 

そもそも500g以上のジグを出している

メーカーを調べてみました。(アコウダイ以上を想定)

というか数えるほどしかない。

しかも、お店でもカラーを選ぼうとすると

まだまだ500g以上を本気で揃えているお店は

ごく一部の店舗さんだけでしょうか。

まずは「もっと深く」の

ディープライナー

(写真は:350g)

  • スロースキップVB 500-1500g
  • スロースキップFB 500-1500g
  • スロースキップFreg:500-1500g
  • スロースキップVib:500g-1500g
  • スロースキップOvo:500g-1500g
  • スーパーロケット:500gのみ
  • SPY:500g-1000g
  • SPY-V:500g-1500g
  • SPY-NARROW:500g-1500g
  • スピンドル:500g-1500g
  • スピンドルNARROW:500-1500g

さすがディープライナーだけあって

1500gまで基本用意されている。

12000円(これが手巻き深海)を

1歩踏み止めさせる要因ですね。

1歩入ってしまったら麻痺してしまいます。

でも1500g使う環境は

正直そこまでありません。

新島キンメや2-3枚潮でも1100gもいらないのでは

ベニアコウを視野にいれると

このクラスが必要になってくるかも

アコウダイクラス出あれば350-700g

数本用意されていれば

  • 熊野灘
  • 遠州灘
  • 東伊豆

はとりあえずは戦えると思います。

(ラインは:1.5号〜2.5号を想定)

SFC:シーフロアコントロール

【海底制圧】このキーワード私大好きなんです。

うまい表現ですよね。

  • メサイアセミロング:500-900g
  • スパンキー:500-900g
  • アーク:500-900g
  • アビス:500-900g
  • シークレットレクター500-900g
  • メサイア:500-900g
  • スコーツ:500g
  • ガーキー:500-900g
  • クランキー:500-900g

基本最大:900gがマックスです。

クランキーはスタッフ

アカムツでもよく使っていますが

もっと深いとこだとちょっと気持ち引き抵抗がますので

500m以上だとメサイアなど先端が細い形状の

メサイアなどがおすすめかな〜というのが私の見解

シャウト

カレント

  • サリー(現行品だと不明)600g

ジャッカル

これもタングステンで10000円超え

 

ビート

  • ボブキャット500g

 

ということで深海メインで本腰を入れているところでいくと

正直

  • ディープライナー
  • SFC

上記2強ですね。

ちなみにJM(ジギングマスター)は

  • Fallings 520-1200g
  •  Monster Killer 530g -630g
  • New-Diamaond Eye #Long : 550g – 650g
  • 2017 Single-Eyed UFO jig: 580g – 680g
 New-Diamaond Eye #Long : 550g – 650gに関しては
国内での手巻き深海需要のためまた来月中旬ごろにはまとめて入荷予定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です