キャスティングと近海ジギング 釣行12/9

【近海が風が10m以上予想】

「近場ならでれそうですが、キャスティグして、様子見て、深いところ行きましょうか?」

ということで朝6時から投げ倒します。

朝方、イナダクラスがヒットするが

ふわっとすぐ、外れる。

船頭が立て続けに2匹あげるが

3Hぐらい100キャストぐらいするが今日はまったくでした。

ジギングに変えて

しゃく

しゃく

しゃく

しゃく

しゃく

しゃく

沈黙……..

気晴らし

「シュッツ」キャスティングも時よりいれるが、

しゃく

しゃく

しゃく

しゃく

しゃく

しゃく

久々の完全試合を覚悟していました

終わり際の30分

水深17mライン(全く深海ではないです。すみません)

青物のしゃくりはもう疲れてしまって

秋口だとまごちがよく釣れるポイントだったので

底を意識しながら、あげて、落とす、

あげて落とすと、ちょっと流されて、ラインが出て行く。

ちょっと流され、落とされ、の繰り返しで

ふらっとを狙っていると

ひっさびさのあたり

しゅっと上がってきたのが

【ホウボウ】

これは、おみあげ確保だということで

同じアクションで

すぐに二匹目ホウボウ

【辛い修行日でした】

そろそろフィッシンググローブが欲しい季節になってきましたね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です